メタボ基準が男性85cm、女性90cmの理由は?正しく知りたいメタボ対策

メタボ基準とはお腹回りが男性85cm、女性90cmであることは広く知られています。しかし、なぜその基準になったのかご存じでしょうか。今回はメタボの定義・対策をしっかり確認して、健康的な生活を送るのに役立ててください。

メタボの定義

メタボとは「メタボリック症候群」の略で、肥満・高血圧・高血糖などが組み合わさった複合状態のことを指します。

メタボの検診をする理由

メタボの状態は、様々な成人病の原因となります。代表的な病気は糖尿病・高血圧症・脳血管障害などです。認知症やがんを引き起こすこともあり、メタボ状態は早期に解消することが健康にとって重要です。

メタボ基準とは

勘違いされがちですがメタボかどうかは腹囲だけでは決まりません。腹囲の条件に加えて、他の条件にもいくつか当てはまるとメタボとなります。

条件1:腹囲が男性85cm 女性90cm

メタボの条件の1つめは、腹囲が男性では85cm以上、女性は90cm以上の場合です。これに加えて、次の条件にも当てはまるとメタボです。

条件2:次に挙げる3つの項目のうち2つに該当する

脂質異常症

中性脂肪値が150mg/dl以上

HDLコレステロール値 40mg/dl未満

(両方、いずれか一方のどちらでも)

高血糖

空腹時の血糖値は110mg/dL以上

高血圧

収縮期の最大血圧130以上、最小血圧85以上

(両方、いずれか一方のどちらでも)

腹囲の測り方

おへその真上

お腹のどこを図るかというと、おへその真上を通る位置で測定します。通常のウエストの数値よりやや高い数字になることが多いです。

脂肪が多い場合

腹囲が基準の数値を超えている場合、内臓に脂肪が多くついている可能性があると考えられます。

なぜ男性85cm 女性90cmなの?

女性は皮下脂肪の分だけ多い

女性の数値が男性より多いのは、もともとの皮下脂肪の量が男性より多いためです。 女性はダイエットに取り組む方も多いので、メタボの腹囲基準を超える割合は、男性より低いです。

海外とは基準が違う(基準が甘い)

世界保健機関(WHO)が定めているメタボ基準は、日本と内容が異なります。例えば女性の腹囲はWHOは75cmと日本より厳しい数字を定めています。

女性は更年期からメタボになりやすい?

エストロゲンが影響

エストロゲンは体内で脂肪細胞を小さくしたり燃焼したりする効果があります。しかし、女性は更年期を迎えるとエストロゲンの量が減少するのです。結果として内臓脂肪がたまりやすい状態に陥りがちになります。

メタボと診断された場合

「メタボ検診」を受ける

早期発見が重要なので、まずはメタボ検診を定期的に受けましょう。

該当しなくても特定保健指導の対象に

メタボに当てはまらなくても一定のリスクがあると判断されるとし特定保健指導の対象になることがあります。動機づけ支援と積極的支援の2種類がありますが、どちらも、医師や保健師や管理栄養士などの専門家が、生活面での実践的なアドバイスを行います。実践してどの程度改善したを数か月後に確認されます。

基準には問題点も

身長の違い

メタボ基準は身長の違いを考慮していません。肥満を診断する他の基準として「BMI」があります。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出し、22前後が標準、25以上が肥満です。

骨格も違う

人間の骨格には個体差があり腹囲の数値に影響を及ぼします。また、年齢によっても骨格に変化が生じますが、メタボ基準は骨格や年齢による違いを考慮していません。

測定方法に疑問

腹囲を計測するだけで内臓脂肪を適切に測れるかについて意見が分かれています。正確に測るにはCT検査が必要とする声も多いです。

メタボの危険性

生活習慣病の原因に

メタボは生活習慣病のデパートと表現されるくらい、さまざまな病気の原因になります。糖尿病・脳血管障害など、治療が長期にわたる厄介な病気を引き起こすこともあります。

進行すると重病にも

メタボ状態を放置すると、心筋梗塞・脳卒中・がんなど生命の危険に関わる重病を発症する危険性が高まります。

予備軍も気をつけたい

日本は基準が甘い

先ほども説明した通り、日本のメタボ基準は海外よりもやや甘くできています。日本基準ぎりぎりでは安心できないので、できるだけ基準よりもっと下の数値になるように目指してください。

痩せていても注意が必要な人

外見は痩せているのに実は脂肪がかなり溜まっている「隠れ肥満」の方もいます。このタイプの方はお腹回りを計測しても判断がつきません。体脂肪率もきちんと計測してください。

メタボを解消するには

メタボ対策は、複数のアプローチを組み合わせて行いましょう。代表的な対策は次の3つです。

筋トレと有酸素運動

筋トレによって体温を上げると脂肪燃焼しやすい体になります。そのあとに有酸素運動を行うと脂肪を効率よく燃焼することが可能です。筋トレ→有酸素運動の順番で行いましょう。

食事の改善

外食やお惣菜は、栄養が炭水化物・脂肪・タンパク質に偏りがちになり、メタボを加速させてしまいます。ビタミン・ミネラル・食物繊維も摂るため、野菜・フルーツ・大豆製品なども積極的に食べましょう。

酵素を補う

体内の酵素は代謝UPの効果がありますが、年齢を重ねるほど酵素は体内から減少していきます。不足しがちな酵素は食べ物や飲み物で補ってください。酵素のサプリを取り入れるのもおすすめです。

メタボの基準を下回るように生活習慣を改善しましょう

メタボは腹囲のほかに、いくつかの基準に当てはまると該当することがお分かりいただけたと思います。食事・運動など日常生活を改善して、メタボ基準を下回るように工夫しましょう。様々な生活習慣病や重病の予防になりますよ。ただしメタボ基準も完璧なものではありませんので、油断しないでくださいね。