ナイシトールの効果には個人差あり?ぽっこりお腹なら試す価値あり

お腹の脂肪を取る薬「ナイシトール」は本当に効果があるのでしょうか?漢方薬だし、飲むだけで痩せるなんて、信じがたい気もします。誰が飲んでも効くのか、副作用はないのかなど、多くの人が抱く疑問について、詳細に検証したいと思います。

ナイシトールとは

ナイシトールとは、小林製薬が販売する内服薬です。「お腹の脂肪を取る」と宣伝されていて、年間売上が50億円を超えるというヒット商品です。体脂肪を気にする人には、飲むだけで痩せられるとかなり好評のようですが、実際の効果はどうなのでしょう?

防風通聖散という漢方が主成分

ナイシトールの主成分は「防風通聖散」という漢方です。防風通聖散は18種類の生薬を配合した漢方薬で、この中には、脂肪を分解・燃焼する働きを持つものが含まれています。他にも便秘解消や発汗・利尿作用、高血圧といった症状に効果があるとされています。

メタボ対策に大人気

肥満は生活習慣病の大きな原因になります。肥満には皮下脂肪型肥満と、内臓に脂肪が溜まる内臓脂肪型肥満の2種類がありますが、特に内臓脂肪型肥満は高血圧になるリスクが高く、メタボの原因ともされています。会社の健康診断でも「メタボ検診」が実施されて、生活習慣病を予防するため、その対策が行われています。

内臓脂肪型肥満は中年男性によく見られるぽっこりお腹が特徴で、ナイシトールはこの内臓脂肪型肥満に特に効果があるとされています。

ナイシトールの具体的な効果と成分

ナイシトールの具体的な効果と、防風通聖散の成分内容についてご説明します。

お腹の出た肥満の改善

ナイシトールは防風通聖散を構成する18種の生薬で、お腹の出たタイプの肥満を改善します。それは次のような作用です。

【脂肪燃焼】

ナイシトールの主成分である防風通聖散は18種類の生薬からできていますが、その生薬の中で脂肪燃焼の効果をあげるのは、「マオウ」という生薬です。さらにカンゾウ、ケイガイ、レンギョウが基礎代謝を上げる作用を持ち、ボウフウ、ハッカ、ショウキョウが発汗作用を促します。

【病気予防】

生薬の相乗効果で「アディポネクチン」というホルモンが増えることが確認されていますが、アディポネクチンは動脈硬化や心筋梗塞、高血圧を抑える作用があるといわれています。

【食欲抑制】

防風通聖散には食欲増進ホルモンである「グレリン」の分泌を抑える作用があることが分かっています。食欲をコントロールできず食べ過ぎてしまう人には、この作用で食欲を抑え、肥満解消に導くことができます。

便秘解消

防風通聖散のダイオウ、カンゾウ、ボウショウという生薬には便通を良くする効果があります。一番早く出てくる効果が便秘解消と言われます。便秘は肥満の一要因。ナイシトールを飲んで体内に溜まった老廃物が排出されることで、肥満の解消につなげることができるのです。

男性と女性、どっちに効果ある?

お腹の出たメタボ体型は男性に多いことから、ナイシトールは男性の方が効きそうにも思えます。実際、効果に違いはあるのでしょうか?

内臓脂肪型肥満であればどちらでも

結論から言えば、ナイシトールの効果に男女の差はありません。内臓脂肪型肥満に効果を上げるものなので、そのような状態であれば男女関係なく効果が期待できます。

効果は体質で差が出る

男女の違いはありませんが、ナイシトールの効果は体質を選びます。漢方でいう「実証」すなわち体力の充実している人に向くものです。体の虚弱な「虚証」の人や、胃腸の弱い人、発汗の多いタイプの人には向きません。

漢方は一般的に個人差が大きいもので、体質に合えばとても高い効果が出るものですが、合わない人にはまったく効果がない場合もあります。口コミなどで評価が大きく分かれるのもそのためですね。1瓶飲んでまったく症状に変化がない場合は合わないと考えてもいいでしょう。

効果的な飲み方は?

ナイシトールには効果的な飲み方があります。効果を最大限上げるために心がけたいポイントです。

空腹時

ナイシトールのような漢方薬は体によく吸収される時間帯に飲むのが効果的です。空腹時が一番吸収されやすく、最も効果的なタイミングは「食事の30分前」か「食事の2~3時間後」になります。

飲む習慣をつける

漢方薬は即効性のある薬ではないので、ある程度継続して飲む必要があります。そのためには飲み忘れをなくすことが必要です。毎日同じ時間に飲むなど、飲む習慣をつけることが大切です。

効果を高める方法

肥満解消の効果を高めるためには、ナイシトールの服用だけでなく、これまでの生活習慣を変えることも必要になります。

食事内容の見直し

肥満は食べ過ぎ飲み過ぎや、高カロリーの食事が原因で起こります。食事量を見直し、高カロリーの摂取を控える努力が必要です。炭水化物を減らし、飲酒も飲む日を減らすなどしてみましょう。野菜中心にして、魚類も多く取りたいです。動物性のもの、脂っこいものを全体的に減らしてみましょう。

運動をすること

運動不足も肥満の大きな原因です。脂肪燃焼には有酸素運動が一番効果的です。最初は軽いウォーキングから始めてみましょう。体が軽くなれば、長い時間歩けるようになります。30分以上歩けるようになるのがベストです。

ブログや知恵袋での評判

ナイシトールの口コミを集めてみました。ご参考にしてください。

筋トレも併用して効果

毎日就寝前に5粒飲むことを習慣化し、適度な筋力トレーニングを取り入れたところ、効果絶大でした〜!減量開始時に少し便秘気味になったのですが、(食べる量が減ったので…)それも解消されました。予定外のこうかでした(笑顔)

(引用元:diet-cafe.jp

この方は体質に合ったようで、効果をあげています。筋トレを一緒にやったというのが成功の大きなポイントですね。筋肉がつくことで基礎代謝が上がります。痩せやすい体質になるので、その相乗効果が出たと思います。

便秘解消して痩せた

私も超便秘でしたが、これをお勧めされていたので買ってみましたら、

毎日快便で、おなかもぺたんこ!3日で2.5キロ痩せました。

いいものをありがとうございました。

(引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

yahoo知恵袋でナイシトールをすすめられて飲んだら効いた、というコメントです。とてもよく効いたようですね。ナイシトールで効果を上げる人は便秘を解消して痩せるというパターンが多いようです。

副作用はあるの?

ナイシトールにも副作用があります。その主なものをあげてみました。

下痢や便秘

防風通聖散の便秘に効く成分が効きすぎて下痢になったり、逆に便秘になる場合もあるようです。症状が続いたり重い場合には使用を中止して、医師に相談しましょう。

めまいやだるさ

まれにめまいやだるさが出る場合があります。このような場合も使用は中止して様子を見てください。重い症状の場合、肝機能障害を起こしていることもありますので、早めに医師に相談しましょう。

皮膚症状

かゆみや湿疹などの皮膚症状が出る場合もあります。生薬が体質に合わないことで起こりますが、他に重い症状がある場合は重篤な副作用の可能性もありますので、服用を中止して医師の診察を受けてください。

重い症状も

まれではありますが、ナイシトールで重い副作用が出る場合もあります。防風通聖散の生薬、カンゾウの長期服用で「偽アルドステロン症」という症状が出ることもあります。これはむくみや血圧の上昇となって現れます。

他に重い副作用の症例として間質性肺炎と肝機能障害が報告されています。咳や息切れ、呼吸困難、ひどいだるさ、皮膚が黄色くなるなどの症状がある場合は早急に医師の診察を受けましょう。

ナイシトールは3種類

ナイシトールには3種類ありますので、症状に応じて服用しましょう。

防風通聖散の配合量に違い

3種類の違いは防風通聖散の配合量の違いにあります。

【ナイシトール85a】

一番初めに発売されたナイシトール85aは防風通聖散の配合量が1日量2500mgです。肥満度が低い人や、初めて飲む人はこちらをおすすめします。

【ナイシトールG】

次に発売されたナイシトールGは、1日量3100mgと作用が強くなっています。

【ナイシトールZ】

ナイシトールZは1日量5000mgとなっており、かなり強い作用になります。肥満度が高い人向きですが、ナイシトール自体が体力の比較的ある人向けなので、特に強いこちらは体力の弱い人、胃腸の弱い人は服用をお控えください。

処方薬

防風通聖散は病院で処方してもらうこともできます。肥満度が高く、医師の診察を仰いだ方がいいと思われる人は、こちらの使用をおすすめします。

ツムラ62番

処方薬では「ツムラ62番」が処方されます。ナイシトールZと同じ1日量5000mgと高配合で、保険がきくため、お値段は安くなります。メタボ検診で指摘されるなど、治療が必要な人で生活習慣病の心配もある場合には医師の診察を受け、こちらの処方薬を服用した方がいいかと思います。

ナイシトール以外の防風通聖散

ナイシトール以外にも防風通聖散を使用した市販薬があります。

コッコアポEX錠

「コッコアポEX錠」はクラシエ薬品の販売です。主成分は同じく防風通聖散で、ナイシトールと効果の点では変わりません。こちらは有効成分が1日量3,420mgと、強めです。ナイシトールと大きな違いは錠剤がフィルムコーテイングされて漢方の匂いがしないことです。漢方臭が苦手で飲めないという人にはおすすめです。

また、ナイシトールはパッケージが男性の肥満をイメージするような感じで、女性は薬局で買いづらいという意見があります。しかしコッコアポEX錠はパッケージが女性的で、コマーシャルも石原さとみさんが出るなど、女性を意識して作られています。

和漢箋

「和漢箋 防風通聖散」はロート製薬から販売されています。こちらも効能は基本的に同じです。配合量は1日量3333mgです。生薬の中でもマオウを多く含んでいるということで、脂肪燃焼効果がより高く期待できるようです。漢方臭が強く、人によっては飲みずらいという場合があります。

体質が合えば大いに効果が期待できるナイシトール。一気に肥満を解消しよう!

ナイシトールの効果を見てきましたが、体質に合えばかなり期待できそうです。比較的体力があるタイプで、内臓脂肪が溜まったポッコリお腹の人には合いそうですね。生活習慣病の危険が高い肥満はナイシトールで早く解消して、健康な毎日を送りましょう!